時代の流れと子供の教育について

大学の教育力を上げる方法

最近のニュースでは、日本の学生がきちんと勉強し、社会に出て即戦力として働くことができるよう、大学の教育を改革していくことが求められています。4年間大学で勉強してきても、社会に出て、大学で学んだ専門性を活かせていないことも事実ですが、大学で学習したことをベースに、思考の方法などに活かし、仕事に活かせるようにしていくことが必要です。日本の大学においても、APと呼ばれる入学者受入方針がありますが、現実には偏差値で入学しています。最終的に排出人材をDPといわれる学位授与方針で、それを実現するためのカリキュラムを編成するためのCPと呼ばれるカリキュラム編成方針を策定していますが、現実とは非常にかい離しています。

学位を授与するためには、卒業要件を充足するとともに、学授与方針で定める学習成果を身に付けていることが必要ですが、その学習成果を身に付けたかを測ることができません。ですので、学習成果を可視化できないため、社会に対してもどういった人材を輩出しているということについてエビデンスがありませんので、自信をもって大学の教育で優秀な人材を送り出しているとは言い切れない状況にあります。成績を厳格にするとともに、学習成果の習得度合いを測定できる方法を確立することが必要です。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.