時代の流れと子供の教育について

早寝早起きの教育が大切です

子供の教育で大切なことはたくさんありますが、その中の一つに早寝早起きがあります。早寝早起きがいいのは、昔から言われているので知っている方はたくさんいると思いますが、それをきちっと生活に取り込めている人はたくさんはいないのではないでしょうか。今はデジタル社会です。深夜にテレビをつければ楽しい番組はたくさんやっています。ラジオもそうですし、レンタルビデオだってあります。夜遅くまで楽しめることはたくさんあります。でも、そう言った誘惑を払いのけて体のことを一番に考えた時には早く寝ることがいいです。内臓は夜中の10時から2時にかけて再生されると言われています。だから、大人は夜の10時までに寝るように心がけてほしいです。

そして、子供はもっと早く寝るように心がけてもらいたいです。年齢によって違いますが、例えば小学生なら学年によっては8時間から10時間は寝るように心がけてほしいです。そして、たくさんの睡眠をとらせたいのなら早い時間に寝かせるようにしてください。そして、ここがとても重要なのですが子供が小さいうちから早寝の習慣をつけさせてください。ただ、これはとても大変な場合が多いです。子供は親が起きていると中々寝ません。また、子供が寝たと思って添い寝をしていたのをそっと布団から抜け出すとパチッと目を開けたりします。ですから、子供を早く寝かせ用と思ったら大人も一緒に早く寝てください。もちろん、家庭の事情もあるので中々できないかもしれませんが、少なくとも子供がしっかりと眠りにつくまでは寝れる環境を作ってください。早寝早起きは親が子供にして上がられる大切な教育の一つです。早寝早起きによって、丈夫な体をつくることもできるし、一日の生活を元気に過ごすこともできます。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.