時代の流れと子供の教育について

教育は学校だけに任せない

教育は基本学校だけに任せてしまうところがあります。でも学校だけではどうしようもない状況というのもあります。ここだけではフォローしていけないのが現状です。家庭であったり、塾であったりほかの民間の機関が協力して行っていかないといけないですね。そうすることで、子供をサポートしていけるようになります。それがないと中々今はうまく子供を指導していくことは難しいです。昔よりも情報が多く氾濫する世のなかで、子供の気持ちもすごく繊細になってきています。よりその気持ちに寄り添っていけるようになっていないといけないです。

一口に教育といっても様々物があります。勉強はよく知られているところです。部活動や、人権なども人間形成の上では大事なことです。こういうのを教えておかないと、将来大人になったときに、人の事を思いやる力というのがでない人間になってしまいます。この世のなかは、人が支えあってせいかつしているので、人に対する思いやりというものを教えていく必要はでてきます。仲間との絆や、目上の人との接し方なども大事になってきます。そういうことも、学校だけでなく地域も含めて一緒に教えていってあげれる世の中理想です。もっと活躍出来るところはあります。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.