時代の流れと子供の教育について

学校での教育は勉強だけではない

学校は何をするところかと問われたら、たいていの人は勉強をするところだと答える可能性が高いです。確かに学校は勉強をするところです。小学校高学年にもなれば、毎日6時間事業になって帰りも遅くなるし、宿題だってたくさんでます。それは、中学校、高校と進めば進むほど一日の時間に対して勉強をする時間は多くなります。でも、学校で教育されていることはそれだけではありません。学校で勉強と同じぐらい、もしかしたらそれ以上に大切に子供たちに教育されていることは、コミュニケーション力をつけるということです。学校は子供が親から離れて始めて世間を体験する場所といっても過言ではありません。小さい時には親と一緒に行動をする子が多いので、困っている時には親が助けてくれる子がほとんどです。でも、小学校に入るとすべての子は親から離れて一人で行動を必要とされます。

そして、それまで知らなかったこと共に手段行動を課せられます。そこで、子供は一人で他人とのコミュニケーションをとる必要性を感じることになります。もちろん、上手にできる子もいれば中々上手にできない子もいると思います。そういった子供たちをたすけるために先生がいてくれます。つまり、先生は勉強を教えるだけではなく、人とのかかわり方を教えています。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.