時代の流れと子供の教育について

学校での教育は進化しています

学校での教育というと、国語や数学などが挙げられます。やはり、基礎知識はとても大切で、できるだけ分かりやすいように工夫されています。教科書だけでは理解が難しかったりする部分があります。その時には、実際に体験をさせたり研究もします。いわゆる体験型学習というものになりますが、社会見学がそれに当たります。学校の外に出て地域の人と話をしたりしてコミュニケーションを取ったり、企業訪問ということもします。そうすることによって、楽しみながら勉強ができ、コミュニケーション能力を高めることができます。そして、社会に適応できるような人材を育成することにも繋がります。

高校では進路を決めていかなければなりません。進学にしても、就職にしても目指すところを決めなければなりません。これが教育の中で難しいところで、いくら先生が頑張っても、本人がやりたいことを見つけられなければ意味がありません。そのため、卒業生などの社会人を呼んで、意見交換をする活動をしています。卒業してまだ日が浅い人を呼ぶことで社会に出て大変なことや、今のうちにやっておいたほうがいいことなどを率直に伝えることができます。そして、高校の一年生や二年生は進路を決める大切な時期になります。そのため、色々な仕事をしている人の話を聞くセミナーを開いています。興味のある会社に職場体験を依頼して、実際に働いてみるという活動をしている学校もあります。早いうちから目標を見つけることによって、そのための活動をしていったり準備ができます。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.