時代の流れと子供の教育について

教育の基本とは何なのか

人間は生まれてから大人になるまでありとあらゆることを学びます。それは学校での勉強だけに限ったことでなく、生活する中で日々学ぶことはたくさんあります。そして大人になると学ぶだけではなく自分が他人に教える立場となることもあります。教師になり教える立場になる人は勿論ですが、自分に子供が生まれることにより教えることもあります。基本的な教育は、やはり親が教えることが多いです。それは勉強に関することではなく社会的な常識やマナーなど人としての基本的なことであり、それは身近にいる大人がお手本となるので自分たちがしっかりとした見本となれることがポイントです。

子供は周りにいる大人のことを手本にしますが、大人も最初から教えることが上手くできるのかというとそうではありません。子供が生まれて親になっても、親も教育することは初めてなので戸惑うことはたくさんあるはずです。なぜ学ばなくてはならないのかと基本的な問題は勿論ですが、子供から質問された時に的確な答えができる大人はあまりいません。そういった時には、教えなくてはならない立場だからといって無理をするのではなく子供と共に学ぶことも時には必要です。子供を教育していく中で大人も共に学んで成長していくことが大切です。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.