時代の流れと子供の教育について

教育ローンと経済的な基盤

世界中の子供達を見ても、まともな教育を受けることもなく、子供なのに小さな頃から働かされているという人たちもいます。もう生まれた時から労働力になっているということですが、それが大部分の世界での状態でしょう。そうなると、子どもの教育を成人までするということは、非常に大きな経済的な負担になります。収入が入らず出るばかりだからです。それができるのは、それだけの経済力がなければならず、日本の場合には、それが当たり前になっていますので、それも人類の歴史としてみると、特別な社会なのかもしれません。またそのためには、大学までということになると、トータルで数千万円から億単位までのお金がかかるとも言われています。

それが1人ではなく複数の場合には、それに人数をかけた数値になり、家を一件建てるどころではない資金が必要になるということになります。それは生活費も含めてでしょうが、如何に教育にお金がかかるか、また子育てにお金がかかるかということがよくわかります。その準備のためにも教育ローンなどのシステムを利用したり、いざという時に残された子どもたちが経済的に教育が受けられるように保険に入っておくとかの準備も必要になります。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.