時代の流れと子供の教育について

お金の教育は一度痛い目を合わせたほうがいい

お金の教育は、いつから始めたらいいのかとかどうやったらいいのかと悩む親は多いと思います。子供のタイプもあるため、一概にいつから始めたらいいとかどうやったら正解だという答えは中々ありません。でも、お金の教育は小さいうちから始めたほうが、失敗したときの金額は低くなります。単純に、小学生がもらう平均のお小遣いと高校生がもらう平均のお小遣いを考えてみたとしたら、その差は一目瞭然です。だから、失敗を考えた時のリスクを考えたときに小さい時からお金の教育をしたほうがいいです。

そして、お金の教育には失敗をさせたほうがいいです。現代の子供はシックスポケットを持っていると言われています。父と母、父が他の両親と母が他の両親の計6人の大人が身近にてお財布を持っているということです。子供にとってはほしいものがあったときに、6人の中の誰かにお願いすればいいです。そうやって育てられた子供は、お金はなくなったらもらえばいいと甘い考えをもつようになります。子供の時ならそれで物事は通るかもしれませんが、大人になってもその考えを持ち続けたら大変なことになります。もし、そんな風に考えなくてもお金に対して甘い考えをもって育つ可能性は高いです。だから、お金は使えば無くなるものだと子供のうちから教育することが大切です。身近な大人に協力をして、子供がお小遣いを全部使ってしまっても援助しないようにして子供の様子を見てみてください。悲しんだり、困ったりしてかわいそうだと思うかもしれませんが、それは子供がお金に対して真剣に考える大切なチャンスです。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.