時代の流れと子供の教育について

社会教育に役立つ図書館で子供たちが学べる事

教育にも家庭教育や学校教育、社会教育などがあります。社会教育は図書館や博物館、文化センターなどがあり、一番、子供たちが利用しやすいのが図書館です。児童図書から雑誌、資料など幅広い図書を揃えており、近年は漫画などを楽しめる娯楽系の図書館も増えています。学習や調べ物をする図書館は学生が日々の勉強に、また、小学生が夏休みの工作や自由研究のために利用できます。昆虫図鑑や動物図鑑など、幅広い図鑑を調べる事が出来ます。もちろん、学校内の図書館を利用できますが、市町村の図書館の方が幅広い図書を揃えており、古い図書を探す時に便利です。

また、近年は幼児教育に力を入れている図書館も増えており、赤ちゃんから大人まで楽しめる絵本や紙芝居など、親子のコミュニケーションに役立つものを貸し出している図書館もあります。大人向けの講座などで子育てに関する悩みを学べたり、相談員にアドバイスを受けられるサービス、また、園児や小学生向けのお話会なども開催されています。また、近年は生涯学習に力を入れている図書館も増えています。職業に必要な知識や技術を学ぶ時にも、様々な資格対策、健康や体力の維持に役立つ図書、定年後の再就職や医療、介護などに関する図書や資料も揃えています。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.