時代の流れと子供の教育について

教育に言い読み聞かせを一工夫

読み聞かせは教育に大変いいといわれています。文字が読めない小さい子にはもちろん、読み聞かせをしてほんの楽しさを伝えることは大切ですが、字が読めるようになっても、子供が大きくなっても読み聞かせをしてあげることはとてもいいことです。子供は読み聞かせをしてもらうと、ほんの面白さを知ると同時に親の愛情を感じることができるからです。特に小さいお子さんは膝の上にのせて抱っこをするような形で読んであげると一層愛情を感じることができると思います。

そこで、少し年齢の大きいお子さんには読み聞かせをするときに一工夫をすると教育にいいと思います。それは、読んでいる本を途中でやめるということです。話が終わってしまったらきっと子供は続きが気になって本を読んでもらうようにせがむと思います。でも、あえてそこは読まないでください。なぜなら、続きが気になった子供は、想像をするからです。話の続きはどんな風になるんだろうと子供なりに想像をします。時間のある時には、その子供の想像を聞いてあげるとより一層いいです。その時に大切なことは、子供の想像したことをどんなことだとしても絶対に否定をしないということです。せっかくの想像を否定されると子供は傷つき、想像することを辞めてしまう場合もあるからです。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.