時代の流れと子供の教育について

イメージが大切だと教育してください。

人間は色々なものに対してイメージを持ちます。初対面の人にもつ第一印象というものもイメージです。花に対しても、食べ物に対してもイメージを持ちます。それは、人間が想像力を持っているからです。だから、子供に教育をするときにはイメージを作るように教えます。そのイメージは、自分がなりたいものでいいです。たとえば、クラスの中心の人物になりたいと思ったら、何かイベントがあるたびに担当に立候補をすればいいわけです。イベントの担当になれば自然とクラスの中心となって動きまわることができます。

最初のうちは周りの人は何とも思わないかもしれませんが、それを2度3度とくりかえしていくうちに、またあの子が立候補をするんだろうなと思うようになります。そこで、自分がイベントで担当を立候補するイメージの人になれるわけです。もちろん、逆におとなしくしていたいと思えば教室の片隅でそっとしていればいいです。そうすれば、自然とおとなしいというイメージがつきます。イメージは自分のキャラをつくるのにとても有効です。子供は特に小さな世界で過ごすことになるので、その世界で自分がなりたいもののイメージを獲得することはとても大切なことだと教育すべきです。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.