時代の流れと子供の教育について

理由をいう教育で人に伝えるスキルつける

子供が小さい家庭では親が子供の勉強を見てあげるところも少なくないと思います。そう言った時に、子供が問題を間違えてしまったとします。あなたはどうしますか。正しい答えがわかればそれでよしとしますか。もちろん、それでもいいのですが、もしもう少しレベルの高い教育をしたいと思うならこの方法をとってください。それは、正しい答えになった理由を子供に言わせるということです。理由を話すには、まず子供が問題をしっかりと理解をしていなくてはできません。そして、相手にどうしてそうなったかを伝えるためには、高いスキルが必要となってきます。

ただ、漠然と自分の中であやふやにわかっているのでは相手に正確に理由を述べることができません。だから、子供がしっかりと間違えた問題を理解しているのかという確認と、人伝えるスキルをつけるためにこの方法をとります。これは、特別のことをやるのではなくて普段の勉強の時に活用できる方法なのでついでにやるという感覚でめんどくささを感じることが少ないと思います。これからの学校の勉強は語学力が必要となります。普段の勉強からこう言った方法を取り入れてレベルをあげる教育を心がけていると今後安心です。

Copyright (C)2017時代の流れと子供の教育について.All rights reserved.